ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  遊戯  »  Automatic Dueling System 導入方法 ver1021

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Automatic Dueling System 導入方法 ver1021

今回はAutomatic Dueling Systemの導入方法紹介記事です。

最新バージョンではマッチ実装、観戦機能追加、サレンダー可能とDOに劣らない機能が追加され、かつ綺麗なイラストとADSの名の通り全自動処理といいとこづくし!



1,本体のダウンロード
現在の最新版をダウンロードします。

→http://www.sendspace.com/file/ayuh4w


2,日本語化

→http://www.datafilehost.com/download-63679234.html

をダウンロードし、本体の

strings.conf

strings.confを削除し、新たにダウンロードしたstrings.confを追加します。


3,起動
本体の中にあるgframe.exeから起動。

gframe.exe


背景は違うものの、このような画面が出るはずです。


4,デッキ編集
メイン画面のデッキ編集を選択し、行います。

特に難しい部分はないかと思われますので省略。カードの整列は整列をクリックすることにより可能です。


5,HAMACHIの導入
4,まででAutomatic Dueling Systemの導入は終了です。次にHAMACHIの導入説明となります。
これがない場合は対戦することができないので現状必須となっているソフトです。

→http://www.eonet.ne.jp/~s600/hamachi/index.files/Page354.htm

よりダウンロード。

まずはここにアクセスより無料版と進み、アカウントを作成しインストール。


6,ネットワークの作成
友人間と対戦する場合はネットワークという項目から新規ネットワークを作り、お互いにそのネットワークを使用し対戦することができます。

HAMACHI

「alto-PC」という部分が作成したネットワーク名になります。参加するメンバーはネットワークを作成した人からネットワーク名を聞き、ネットワーク項目から既存のネットワークに参加を選び、ネットワーク名を入力し参加します。


7,対戦
6,までが終了すると対戦が可能になります。(※ただし、HAMACHIで直接トンネル接続になっているメンバーとのみしか対戦は行えません。普通は最初から直接トンネル接続なのですが、なんらかの原因によりそうなっていない場合があるようです。)

・右上の「部屋を建てる」を選択
部屋を建てる


・対戦形式などを選択
対戦形式



対戦形式2


・対戦開始
じゃんけん


対戦開始



ここまでで導入方法、対戦までの説明は終わりとなります。



以下は背景とスリーブの変更方法。

□背景
textures

本体のtexturesを開き、背景にしたい画像をそこに移動。

「bg.jpg」と名前を変更するとその画像が背景になります。


□スリーブ
背景と同じく、本体のtexturesを開き、スリーブにしたい画像をそこに移動。

「cover.jpg」と名前を変更するとその画像がスリーブになります。


Comment
いいなま書いてるじゃん。
ほめぽよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Counter
Online
Profile

アルト

Author:アルト
福岡のアルトといいます。


・募集、提供リスト
「遊戯王 02/02更新」
「ヴァンガード 02/02更新」

Twitter

http://twitter.com/alto07
Friends
Article Retrieval
All Article
全タイトルを表示
Recent Comments
Calendar
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Categories
Archives
Ranking
[ジャンルランキング]
ゲーム
8058位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
667位
アクセスランキングを見る>>
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。