ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  デッキレシピ  »  シンクロアンデ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロアンデ

使用デッキの解説をしていきます。



モンスター
>冥府の使者ゴーズ
必須。

>馬頭鬼(めずき)×2枚
軸。

>終末の騎士×2枚
主にキャリア、ゴブゾン落とし。ネクガ落としからのリリースガイウスも強力な動き。
場にゴブゾン、手札に終末と異次元からの埋葬でワンキル可能。

手札と場の状況により落とすカードを選択でき、柔軟に動ける。終末ネクガが弱く感じた時期もあったけど、キルに直接繋がる終末を外すことはできない。リクルに特攻されるという欠点はネクガで止めて3枚積んであるガイウスでリクル除外という結論。

>邪帝ガイウス×3枚
軸。3:3:3構築にしようと思ったキッカケ。
信頼の3:3:3軸のうちの1枚。
トラゴ、リクル、ライロ全てに対するメタ

「トマトセット殴られてゴブゾン、自分ターンでリリースガイウス。」

これを「最強の流れ余裕やろ」とか言ってたら身内にネタにされまくったw

>魂を削る死霊
エイリンが辛すぎて一時期外していたけど、おろか1増加、生者2投入につれて自然と再投入。
攻撃的に使っていき、守備にも期待できる信頼の1枚。

>ネクロ・ガードナー
引きたくないけど、終末ネクガ落としガイウスという流れを捨てることはできなかったので1枚投入。
0はないし、2もない、結果1。分かりやすく決まった。

>トラゴエディア×3枚
信頼の3:3:3軸のうちの1枚。
主にキル妨害やライロへのメタ。役割としてはレベル4の奪取。
さらにアンデが苦手とするライオウを恐れなくてよくなるというところが良かった。

トラゴが腐ることは3入っているトマトとガイウスによってなくなり、安定してトラゴが3枚積める様になった。トマト召喚自爆特攻トラゴSS死霊SSでハンデスや、ゴブゾンで自爆しハンド増やしつつトラゴSSという流れが序盤の優位を決定付ける。

トマトガイウスによってトラゴが3枚積めるようになり、トラゴによってガイウス3、トマト3が生きてくるという綺麗な9枚体制ができた。

>ダーク・アームド・ドラゴン
必須。個人的に大好きなカード。

>ゾンビキャリア
軸。

>ゾンビ・マスター
入れるかどうかで直前まで迷ったが、ゾンマスでキャリア捨てゴブゾンSSキャリア自身効果で蘇生レベル10《A・O・J ディサイシブ・アームズ》を考えて投入。

アンデミラーでも凶悪な動きをする。

>ゴブリンゾンビ×2枚
アンデにおける最強のカード。これによってガイウスとトマトが凶悪な働きをする。

>キラー・トマト×3枚
信頼の3:3:3軸のうちの1枚。
全てはトマト。
トマトセットからのガイウスの最強の流れ。
トマト自爆特攻からのトラゴという最強の流れ。

本当に強い。自身は対ライロでオネストを恐れずにルミナスを破壊していき、アンデ最強のゴブリンゾンビをサーチしてくる。

ガイウス、トラゴ、トマト全ての初手率を上げたかったので3:3:3構築。
信頼の9枚。

>D.D.クロウ
対アンデのキャリア、対ライロの転生がどうしても厳しかったのでクロウを採用。


魔法カード
>大嵐
必須

>洗脳-ブレインコントロール
洗脳→ガイウスというアドの塊

>生者の書-禁断の呪術-×2枚
積極的にキル狙っていきたかったのと、対ライロでの《A・O・J ディサイシブ・アームズ》へのアクセス速度を上げるために採用。

序盤で馬頭鬼を除外したりと1手遅くできるのも強み。

>異次元からの埋葬×3枚
アンデ最強の魔法カード。
トマトによってゴブリンゾンビへのアクセス速度が上がり、異次元からの埋葬の威力も一気に上がった。

>闇の誘惑×2枚
キルパーツを手札に呼び込みつつ、カードを除外ゾーンに送り込める。手札に来たネクガを除外できるとかなりいい。

>サイクロン
ガイウスの1000バーン+2400を積極的に狙っていくために投入。

>おろかな埋葬×2枚
キルパーツという意味合いよりも馬頭鬼を落としつつガイウスのリリース要員確保、さらに馬頭鬼を使ったことによって異次元からの埋葬の威力をあげていくという使い方。


罠カード
>奈落の落とし穴×2枚
信頼の罠カード
対《氷結界の龍 ブリューナク》という位置。
地雷警戒も同時にこなす。

>聖なるバリア-ミラーフォース-
貴重な全体除去カード。
ライオウを簡単に除去でき、テンポを持っていきやすい。

>激流葬
ゴブリンゾンビがあるので自分からの積極的な動きまで見れる。
最強の全体除去。

>異次元からの帰還
アンデにおける最強罠。
個人的に必須。

>リビングデッドの呼び声
多少遅く感じることが多いものの、ゴブリンゾンビからキャリアサーチ。そのゴブリンゾンビをリビングでSS、キャリアNSで場にゴブゾン+キャリアが簡単に完成する。

>ダスト・シュート
必須。相手プレイヤーが強ければ強いほどハンド把握は差を生む。


エクストラデッキ
>A・O・J カタストル
必須。

>A・O・J ディサイシブ・アームズ
対ライロ最終兵器。
必殺ブリュディサイシブ!

>ギガンテック・ファイター
必須。

>ゴヨウ・ガーディアン
必須。

>スターダスト・ドラゴン
必須。

>ダークエンド・ドラゴン
ハ・デスからの乗せキャリアダークエンド。

>デスカイザー・ドラゴン×2枚
対アンデ必殺のデスカイザーループ!

>ブラック・ローズ・ドラゴン
ワンチャンス見ると必要。

>マジカル・アンドロイド
ETEDにおいておろかな埋葬キャリア+ネクガor死霊でのアンドロイドを考えるとさすがに必要だった。「可能性」という意味合い。

>メンタルスフィア・デーモン
完全にアンドロイドと同じ理由。
アンデは8を作りやすい為ETEDでメンタルからの逆転劇は予想できる。
「可能性」という意味合い。大事なことなので2回言いました。

>レッド・デーモンズ・ドラゴン
手札6枚までならトラゴエディア無視のワンキルが可能。

>蘇りし魔王 ハ・デス×2枚
必須。枚数は自分のプレイスタイル的に2枚。

>氷結界の龍 ブリューナク
必殺ブリュループ!


サイドデッキ
>D.D.クロウ
対アンデ対ライロ。
安定して1手遅らせられるのが魅力。

>ライトニング・ボルテックス
対ライロ。必殺の1枚。

>ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
対罠系統。
対地雷。

分かりにくいけどライボル1:ライコウ2:非常食2:レインボー・ライフ3という対ETED構築。

>レインボー・ライフ×3枚
対ETED。最強の流れを生み出すカード。

>王宮のお触れ×2枚
環境に合わせた2枚。
本来ならここは《砂塵の大竜巻》。

>閃光を吸い込むマジック・ミラー×2枚
対ライロ。

>非常食×2枚
対ETED。回復量は2000くらい。2000はご隠居の1200を超える数値。

>霊滅術師 カイクウ×2枚
対アンデ、対ライロ、対墓地BF。
個人的に不安要素だった弾圧墓地BFを確実にマッチで倒すために採用。

カイクウのおかげで墓地BFへの不安感が消えた。信頼の2枚。



モンスター
信頼の3:3:3軸が決まったおかげで確定21が完成し、悩んだ結果クロウ追加の22という形。
個人的にいいまとまりができ、安定感を生んだと思う。


魔法
確定の12になった。
特に変わったカードは採用しなかった。



確定の7になった。
異次元からの帰還の破壊力は異常だった。


追記にデッキレシピを載せておきます。
ここまで読んでくださった皆さんありがとうございます!動画もそろそろ再開します。


何か質問等ありましたらどうぞー。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Counter
Online
Profile

アルト

Author:アルト
福岡のアルトといいます。


・募集、提供リスト
「遊戯王 02/02更新」
「ヴァンガード 02/02更新」

Twitter

http://twitter.com/alto07
Friends
Article Retrieval
All Article
全タイトルを表示
Recent Comments
Calendar
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
Archives
Ranking
[ジャンルランキング]
ゲーム
9297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
706位
アクセスランキングを見る>>
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。